メイク落としと肌トラブル

メイク落としは毎日使うスキンケア商品です。十分にメイクが落ちていないと肌に負担になってしまいますので、メイク落とし選びはしっかり行いましょう。メイク落としをきちんとしないと、どんな肌トラブルになるのでしょうか。メイク汚れが残っているとにきびやしわ、肌の乾燥、色素沈着などが起きます。にきびができるのは、毛穴の汚れ詰まりが炎症を起こすためです。炎症は、肌に存在するアクネ菌の繁殖によります。お肌の状態は、しっかりとメイク落としができていれば、つけていたファンデーションもすべて取り除かれて清潔な状態になっています。実際は毛穴にファンデーションなどのメイクが残っていて、毛詰まりを起こしてニキビの原因になってしまうのです。お肌に残ったシミが、メイク落としをきちんとできていなかったためにできた色素沈着である場合もあります。メイクが肌についたままの状態でいる事で、ついいたままの部分だけ肌老化が進んでしまうことによってシミが起こります。目の周囲に濃いメイクをする人は多いですが、その分クレンジングは大変になりますので、洗い残しが老化しやすくなります。お肌の老化が進むほど、シミが消えづらくなってしまいます。お肌のトラブルを減らすため、メイク落としは毎日しっかり行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>