食欲の抑制

食欲の抑制方法はあるでしょうか。肥満体質の中には食欲を抑えることが難しく、我慢できずに食べてしまって過食になるという人がいるようです。食事の量を減らしてもストレスを感じないようにするには、食欲を抑制することです。人間の根源的に欲求である食欲は、手軽に抑制できるようなものではありません。空腹に惑わされないことが、食欲を抑制する第一歩です。そもそも人の体は、どのような仕組みで空腹感や満腹感を感じているのでしょうか。満腹を感知する機能の一つに血中の糖があります。食事で血糖値が上がると満腹感を覚えます。血液中の糖が少なくなるとお腹が空いたという認識から食欲が強化されます。糖質が食欲を調節しているのです。血液中の糖が増えると体は満腹を覚えて食欲を抑制するという仕組みです。食欲は、糖のような血糖値が急に下がるものを摂取していると強くなる傾向があります。食欲が思うように抑制できないという人は、糖質メインの食事を見直すといいでしょう。血糖値が急激に下がらない食事で、食欲の抑制が可能になります。食欲を抑制することで、胃は少しずつ小さくなり後はより自然に食欲が抑えられます。食欲を抑制できる体になるためには、糖質の少ない食事をしばらく続けることが重要になるでしょう。腸内洗浄をお考えの方へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>